大手企業のリース会社求人

リース会社転職TOP >> 条件別のリース会社求人 >> 大手企業のリース会社求人

大手企業のリース会社求人

大手リース会社の求人について見ていくと、日本有数の企業のものでは、待遇面がやはり優れています。初任給を見ていくと、修士過程修了者では25万円ほど、となっています。また、4年制大学卒業では、22万円ほどとなっています。これに、いろいろな手当を始め、時間外手当、通勤手当が全額、さらに住宅手当などというように、福利厚生がしっかりあります。手当を含めた収入は初任給でも結構な額になるでしょう。また、昇給は年に1回で、3年目、5年目などの節目で給料が大きく上がっていくのが大企業です。他にも、賞与もしっかり年2回あります。ボーナスが何ヶ月分かは企業によって異なりますが、概ね合計で半年近くなると考えていいでしょう。

また、大手の企業となると、全国各地に事業所があります。そして、事業所ごとに待遇なども多少変わることがあります。例えば地方と首都圏で分けているところは多いでしょう。あるいは、全国型と首都圏型というように分けているところもあります。給与額が月で1万円ほど変わるというところもあるので、事前にしっかりチェックしておきたいところです。また、大企業の本社は通常は東京にあるものです。また、関西を加えて本社を2つ持っているところも少なく無いでしょう。まずはこの2つが大きなところであり、ここで働くと待遇面も高くなるものです。一方で、地方ごとの拠点都市もあります。北から北海道は札幌、東北は仙台、首都圏の横浜、中京圏では名古屋、中国地方で広島、九州は福岡といったように、拠点都市で働くこともできるのが大企業のメリットです。本社で働くことも理想的ですが、自分の慣れ親しんだ地方の支社で働くこともできるなど、選択肢の多さはメリットの1つです。求人の時点である程度の希望は出せるものの、入社して勤務を重ねていってから働きたい都市を選ぶことになります。

他にも、大企業は海外拠点を持っているものです。アメリカなどが多いですが、他にも、アジア拠点、中東、アフリカ、欧州というように、大企業となると世界規模でも多数の拠点を持っているところが多いです。これが何を意味するかといえば、海外で働くチャンスが広がるということです。英語を活かして働きたい人などは、外資系のリース会社を狙うのもいいですが、大企業ならば日本の企業であっても十分英語を活かした働き方ができます。

この他、大手企業の求人の特徴を見ていくと、必ずと言っていいほど研修について記載されています。研修制度がしっかりしてあり、実際に入社した後の進路もイメージしやすくなっています。

リース会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2019 リース会社転職ガイド【※必ず見つかる希望の会社】 All Rights Reserved.