外資系企業のリース会社求人

リース会社転職TOP >> 条件別のリース会社求人 >> 外資系企業のリース会社求人

外資系企業のリース会社求人

外資系企業のリース会社の求人を見ていくと、やはり英語は必要になります。ただし、英語力をどのようにして求人の段階で求めてくるかは、企業によって異なります。例えば一番オーソドックスなのはTOEICを使った方法です。TOEICのスコアを例えば500点以上として、それを応募条件にするパターンです。これは、点数を超えていないとそもそも応募ができないということで、応募のために試験を受けたり勉強をする必要が出てきます。英語力はあるものの、試験を一度受けて成績証明書を持っていく必要があるからです。ただし、これはあくまで英語の力をはかる基準であり、実際の業務で求められる英語力とは異なります。会社ごとに業務内容も変わってくるので、実際に働いて身につけていくことになります。

TOEICを受ける時間が無い場合でも、例外的に応募できる可能性はあります。例えば留学経験が豊富で日常会話が流暢にできる人、あるいは帰国子女である場合は、採用担当者に連絡をして、例外的に免除される可能性があります。ただし、他の人と違う扱いになるので、それなりの英語力が必要です。日常会話はしっかりこなせるようでないと、これは難しいでしょう。一方で、TOEICなどのスコアを基準にしていないところもあります。この場合は、会社としては実践で英語を身につけてもらおうと考えています。そこで見ておくべきことは、研修制度がしっかりしているかどうかです。特に英語に不安を感じている人などは、研修がしっかりしているところでないと入社後に苦労します。

外資系のリース会社については、やはり東京が多くなっています。幅広く言って外資系というのは、海外資本の企業になります。海外に本社のある企業の日本支社、あるいは資本は海外でも本社が日本にある日本の企業もあります。いずれにしても、日本の拠点となっているところが普通であり、自然と東京にオフィスを置くところが多くなります。外資系で勤めたいという場合は、これは最低限の条件と考えておいたほうがいいでしょう。

一方で、外資系をさらに広く考えると、海外で働くチャンスの多さ、外国語を使って仕事ができるとすれば、大手企業があります。日本の大手リース会社は、海外に何十もの拠点を置くところも珍しくありません。欧米はもちろん、南米、アフリカ、アジアといった世界全土にわたって事業所を設置しています。入社後に希望を出して海外で勤務することもできます。もちろん、そうすれば自分の外国語の能力を活かすことができます。あくまで日本で働きつつ英語を活かしたい場合は別ですが、これも選択肢の1つと考えておきましょう。

リース会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2019 リース会社転職ガイド【※必ず見つかる希望の会社】 All Rights Reserved.