企業系のリース会社求人

リース会社転職TOP >> 条件別のリース会社求人 >> 企業系のリース会社求人

企業系のリース会社求人

企業系のリース会社の求人について見ていくと、例えば国内・海外でのスタッフ募集があります。勤務時間は9:00から17:30、給与については、総合コースでは24万円、専門コースでは18万円弱などとなっています。これらは 住宅補助と扶養手当相当額を含んだ数字となっています。名前は違うものの、順番に総合職と一般職という分類と認識しておけば間違いないでしょう。手当込みでこの金額ですので、給与は平均的なところと言えます。また、昇給は年1回、賞与は年2回、残業手当と通勤費が出ます。

この企業は、メーカー系金融サービス会社となっています。つまり、金融専門のリース会社ということになります。大手の電機メーカーの傘下にある企業であり、その強みを生かした業務を行っています。この辺は企業系のリース会社の特徴でしょう。親会社やグループ会社の専門性によって業務の内容も変わってくるということです。この企業では、発電所やプラントを始めとして、鉄道車両、建設機械、コンピューターといった分野に強みがあるようです。その他には、家電製品、電子部品などもあります。これらの分野に関わる中小企業に向けて、例えば融資関連のサービスを提供するというのが、主な業務だと推測できます。

求人情報には実際に働いている方の一日の業務の流れが載っています。例えば顧客には農家もあり、リース等契約の手続きを行ったりもします。この場合、相手が農家ということで、例えば生産物の値動きなどを把握したり、日常の話題などを聞きつつ、商談をしていくことになるようです。営業部門は業種ごとに分かれているようで、例えばここでは農業部門営業となっており、農家はもちろん、農産品の販売所などにも訪問して商談する機会があります。電化製品のメーカーが親会社ですが、実際の業務を見てみるとこのように一見すると関係がないような業種も相手にすることがあるのです。他にも、飛び込み営業をすることもあります。これはリース会社によって変わります。関連企業ですでに取引をしているお客さんを相手に営業する場合、飛び込みは行いません。一方で、飛び込みで顧客開拓をするところもあるということです。一日に複数のお客さんを相手にし、商談から相談事までいろいろしていくことになるようです。

企業系のリース会社はこのように、得意な分野がありつつ、幅広い業種のお客さんを相手にもしていきます。自分で特に希望の分野があるならば、まずはどのような求人があるかを、例えばDODAなどの就職支援サービスで確認してみるといいでしょう。

リース会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2019 リース会社転職ガイド【※必ず見つかる希望の会社】 All Rights Reserved.