銀行系のリース会社求人

リース会社転職TOP >> 条件別のリース会社求人 >> 銀行系のリース会社求人

銀行系のリース会社求人

銀行系のリース会社の求人について見ていくと、研修制度のしっかりしたところもあります。銀行系となると、海外支店を所有していたり、外資系のところもあるので、海外拠点を利用した語学トレーニング、本場アメリカでの金融のトレーニングを積むことができます。1例を挙げれば、採用後にボストンにある金融会社にて研修を行い、そこで業界分析、アセット管理といった専門のスキルを学びつつ、実際の業務に取り組むといったこともできます。これは例えば、社内公募を利用して行うことができます。社内公募とは、例えば海外研修をしたい人を募集し、社内での経験やこれまでの業績などを加味して、応募者の中から実際に研修を受ける人を決定するものです。この場合、例えば海外に移るための費用などは会社が持ってくれるので、少ない費用で海外経験を積むことができ、メリットが大きくなります。

海外研修のいいところは、勉強と実務を同時進行で行うことです。ビジネスの英語はもちろん、リース業界で必要な英語力、スキル、あるいは文化などを学んでいくこともできます。研修制度は年単位で行われるのが普通で、研修から帰ってきてからは再び日本のオフィスで経験を活かして働き続けることになります。他にも、業務の中で外国人と接する機会が多いところもあります。この場合、業務の中で必要性を感じて、社内での語学スクールを利用することもできます。スクールは社内で行っているところもあれば、専門のスクールと提携しているところもあります。費用は会社が出してくれる場合もあるので、積極的に利用していきたいところです。銀行系のリース会社のメリットは、このように海外経験や語学経験を積める可能性が高いところです。

実際の求人の給与例を見ていくと、月給では20万円となっています。総合職と一般職で分かれており、一般職では17万ほどになっています。また、短大・専門学校卒の場合には一般職のみであり、月給は16万弱となっています。手当などもしっかりしており、この辺は銀行系であろうとなかろうと、会社の規模によって左右されるところです。この求人では昼食手当、残業手当、扶養手当、住宅補助、財形奨励、通勤費支給などというように、かなり細かいところまで待遇が充実しており、安定して長く働きやすい職場になっています。

求人情報には研修に関する情報も載っており、新入社員研修をはじめ、公募制研修、社外セミナー、英会話学校の利用、海外派遣、通信教育費補助などがあります。研修が充実しているところは、自分で目標を定めて積極的にスキルアップを計っていくことができるので、おすすめです。

リース会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2019 リース会社転職ガイド【※必ず見つかる希望の会社】 All Rights Reserved.