リース会社の履歴書・自己PR

リース会社転職TOP >> リース会社の転職の基礎 >> リース会社の履歴書・自己PR

リース会社の履歴書・自己PR

リース会社の履歴書や自己PRについて、ポイントはどのようなものがあるでしょうか。まず1つ言えることは、大手ではどのような人材を求めているかです。まず新卒の場合、やはり学歴は重視されます。中でも、有数の企業ともなると、はっきりと学歴で区別されることもあります。もちろん、学歴が他の人よりも低い場合でも、面接などで自分の長所を上手くアピールできれば、十分に採用の可能性はあります。これらを考慮して、自分の学歴は全体の中でどれくらいか、学歴以外のアピールポイントは無いかを考えていきましょう。アルバイト経験でもいいですし、前職の経験でも構いません。また学歴については、地方では地元の国立大が強くなっています。一方で、首都圏では有名私立大の力が大きくなります。

では、リース会社で問われる能力というものはあるでしょうか。これについては、リース業はやはり基本が営業ですし、顧客と関わりあう場面が非常に多いので、コミュニケーション能力が最も重視されると言っても過言ではありません。これはどのようにアピールするかと言えば、やはり面接での受け答えでしょう。事前に用意していた質問への答えでは無く、その場での対応力が最も重視されます。この辺の能力は、しっかりとした対策を行っておけば、ある程度向上させることができます。転職エージェントなどのサービスを利用して、面接のシュミレーションなどを行っておくだけでも、実際の面接の結果は大きく変わってきます。

また、経験をどのようにアピールするかについて、絶対に覚えておきたいことがあります。まず、営業経験は強みになります。リース業の基本は営業であり、研修を兼ねて始めは現場での営業を行うこともあります。そこでアルバイトでもいいので営業を経験していれば、それをしっかりアピールすべきです。また、リースに関わる知識やスキル、例えば金融関連の知識、不動産関連の知識、あるいはその会社の専門とするリースの分野について、経験やスキルがあれば、それも必ずアピールしましょう。履歴書に職歴や経験を書く欄があるので、そこで端的に記しておき、面接で質問されるようにしておきましょう。

他にもアピールになるのは、英語力を始めとした語学力です。これはそもそも応募条件にしているところもありますし、大手のリース会社は海外拠点を多数抱えており、派遣によって海外で働く機会も非常に多いです。TOEICのスコア、留学経験などはしっかりアピールできるよう、準備をしておきましょう。

リース会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2019 リース会社転職ガイド【※必ず見つかる希望の会社】 All Rights Reserved.