リース会社の年収・給料

リース会社転職TOP >> リース会社の転職の基礎 >> リース会社の年収・給料

リース会社の年収・給料

リース会社の月収について見ていくと、例えば大手のリース会社では、修士で初任給が25万、大卒で22万というところがあります。これに手当がつくので、初任給としてはかなり高い方です。また、手当についてはかなり充実した内容となっており、企業の規模や経営状態によって収入は大きく変わってきます。求人情報には手当込みの収入が書いてある場合とそうでない場合があり、求人情報だけで見た差を超えて、実際の収入が変わってくるので、しっかり確認をしておいたほうがいいでしょう。手当については、時間外、通勤、住宅などがあり、全部合わせると大手の初任給の平均で、20万円台半ば、高いところでは後半まで伸びることもあります。

一方、ボーナスについては、5ヶ月分というのが標準的です。これについては基本給によって差は出るものの、概ねどのリース会社でも同じ程度となっています。昇給については毎年行われますが、特に大きく収入がアップするのは5年目からとなっています。さらに、20代と30代で特に大きな違いが出て来ます。大手のリース会社ならば、30代になれば、サラリーマンの平均年収は確実に超えていくでしょう。その後役職につけば1000万円の大台も見えてきます。

では、中小企業についてはどうでしょうか。こちらは、規模や経営状態によって大きく差が出ると言っていいでしょう。例えば中小でも大手と連携したところ、あるいは地方に本社を置く大手ならば安定性があります。収入についても、大手に勝るとも劣らないほどにまで上がっていきます。首都圏の大手までは行かなくとも、サラリーマンの平均収入を超えることは十分可能です。1例を挙げれば、初任給で20万ほど、そこに手当が加わるといった求人もあります。手当についても経営状態や規模によって差が出てきます。さきほど例に挙げた大手と連携したところでは、大手のグループ企業の施設利用など、福利厚生の面にも影響を与えます。この辺りをしっかり確認していくと、地方の中小企業であっても、十分な収入と待遇を得ることができます。

また、年収について外資系を例に挙げると、実力主義という側面があります。これは、雇用条件も海外のものを採用しているからです。海外では、日本のような終身雇用はない一方で、実力があればそれに見合った給与を若い内にもらえるようになっています。日本支社、あるいは資本が外国の日本企業であっても、この影響を受けて、実力主義の雇用条件を採用しているところも少なくありません。

リース会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2019 リース会社転職ガイド【※必ず見つかる希望の会社】 All Rights Reserved.