リース会社のやりがい

リース会社転職TOP >> リース会社の転職の基礎 >> リース会社のやりがい

リース会社のやりがい

リース会社のやりがいについて見ていくと、まず言えることは、いろいろな業務ができるという点です。リースと一口に言っても、設備や機器のリースを始めとして、融資、不動産融資といったものがあります。これは大分類であり、細かい分類を言えば、企業が活動するのに必要なあらゆる設備や資金に関して、リース業は関係しています。あらゆる分野と関係があるので、いろいろな業務の知識を得ることができ、それがやりがいの1つでもあります。特に、大手のリース会社はこれが一番わかりやすいです。大手は複数のサービスを包括的に提供するので、いろいろな業務経験をするには最も適していると言ってもいいでしょう。また、中小企業であっても大手と連携しているところはこれができます。

また、もう1つ大きなポイントとして、リース会社では海外で働くチャンスが多いです。これにやりがいを感じる人は非常に多いでしょう。例えば外資系の企業、日本の大手などがこれにあたります。日本の大手リース企業を見てみると、近年の傾向として、アジア市場を狙って、途上国向けにリース業務を展開しています。そもそもリース業の顧客の多くは中小企業であり、資金をなるべく抑えて経営するのを助ける目的があります。途上国は日本でいう中小企業のような規模のところが多いので、ちょうどお客さんとしてぴったりというわけです。

他にも、大手のリース会社を見てみると、求人情報のところに海外拠点の数が記載されています。最大手のところでは100単位で世界中に拠点を有しているところも多いです。また、今後も海外に新たな拠点を置くことも多く、スタートアップのプロジェクトへの参加なども考えられます。このような経験はなかなかできるものではなく、大きなやりがいを感じることができます。

また、リース業の基本とも言える営業も、やりがいの1つと言われています。営業の良さは、お客さんと直に接することです。最初の営業活動はもちろん、契約を結んでからは定期的に顧客のもとを訪問して長期的に関わりあっていきます。お客さんと長く付き合うという点に、大きなやりがいを感じる人は多いと言われています。また、営業職の経験があれば、大手であっても中途採用などで就業できる可能性があります。営業はあらゆる業種の基本とも言え、幅広い人に向けて採用の可能性があるのもポイントです。やりがいについては、個々の企業でまた違ったところがあります。まずは業界、あるいは企業の研究をしっかり行い、自分がどこにやりがいを見いだせるかを考えていくといいでしょう。

リース会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2019 リース会社転職ガイド【※必ず見つかる希望の会社】 All Rights Reserved.