リース会社を辞めたい時

リース会社転職TOP >> リース会社の転職の基礎 >> リース会社を辞めたい時

リース会社を辞めたい時

リース会社を辞めたい場合には、まずすべきことがいくつかあります。いきなり辞めるというのは、会社にとっても、また自分にとっても問題が多く、避けたほうがいいでしょう。いきなり人員が欠けると業務に支障が出て、同僚が残業でカバーするといったことも起こりえます。また、新たな人材を探すのに費用もかかります。また、自分も新たな仕事の目星もつかずにいきなりやめると、失業保険の期間もあっという間に終わってしまい、仕事がないままという困った状態になりかねません。仕事を辞めるにしても、順序を踏んで、計画的に行うのがポイントとなるのです。

では、最初に行うべきことは何でしょうか。1つは、次の仕事をどうするかということです。お金を稼ぐ方法があればいいですが、そうでない場合は新たな就職先の目星を早い段階からつけておきましょう。この場合、例えば仕事を続けつつ、転職エージェントなどに相談するのもいいかもしれません。エージェントなどのサービスでは、過去にも同じように転職を考えて仕事を辞めようか相談に来た人の情報が蓄積されています。その経験を元に、的確なアドバイスをしてもらえます。転職に関することだけでなく、現在の職場を辞める際にしておくべきこともアドバイスしてもらえるので、非常に役立つでしょう。それと並行して、どうして辞めるのか、本当に辞めるべきか、新たな職場に求める条件は何かといったところを考えていきます。

新たな職場や転職活動に見通しがついたなら、今度は辞める準備をしましょう。この場合、何よりまず早い段階で、人事課や上司などに相談をしましょう。上司と揉めたくない場合は、直接人事課に伝えた方がいいかもしれません。最悪でも1ヶ月前、辞職の希望を出しておきます。それが伝わった時点で、会社の方でも新たな人員確保のために動き出します。1ヶ月では遅いくらいですが、ある程度期間があれば人材確保もできるというわけです。

それが終わったら、今度は自分が現在とりかかっている仕事などを、調整していきましょう。仕事を中途半端な形で終える場合は、それを引き継いでくれる人を探します。その一方で、失業手当などについても準備を進めておきましょう。退職金などが出る場合も同じです。まずは役所に行って相談し、必要書類等を会社に請求します。これらの作業は辞める前に、とにかく早い段階でとりかかっておくといいでしょう。転職先については、同業他社という人と、全く別の業界へ移る場合があります。

リース会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2019 リース会社転職ガイド【※必ず見つかる希望の会社】 All Rights Reserved.