リース会社の中途採用

リース会社転職TOP >> リース会社の転職の基礎 >> リース会社の中途採用

リース会社の中途採用

リース会社の中途採用について見ていくと、中途採用には大きく分けて2つの種類があります。1つは前職の経験を活かしての転職、キャリア採用です。もう1つは、未経験でも可能な中途採用になります。まず経験を生かした転職については、例えばリース業は設備機器のリース、金融系のリース、不動産のリースというものがあります。リース業の経験があっての転職はもちろん、これらの分野での業務経験があれば、経験者枠でキャリア採用を利用することができます。他にも、例えば特定の分野に特化したリース会社、あるいはリース会社の部門では、その分野の他業種での経験がある場合も、キャリア採用として募集をかけている場合があります。この場合の中途採用では、給与面でも前職のものに応じて高いところから始めることができます。

一方で、未経験でも中途採用に応募することはできます。さきほど挙げたものであっても、未経験を可能にしているところもあります。また、一番多いのは、現場での営業職の募集です。営業職については、経験が無くとも適性があればできるので、未経験でも可能となっています。もちろん、別の業種での営業経験がある場合も、募集は可能です。この場合、営業専門で長い経験があれば、即戦力としての需要が高くなるので、大手の一流企業でも可能性は出てきます。営業職については、経験不問以外にも、学歴不問という求人もよく見られます。結果主義なところがあるのが営業ですので、未経験でも十分可能性はあります。

他のパターンを見ると、例えば金融業界で働いていた人が、金融リースを専門に行なっているリース会社に中途採用というケースも考えられます。この場合、金融に関する基礎知識があり、他業種で得た経験を活かすことができるので、企業にとってもプラスになります。同じような理由で、例えばIT系からの転職も考えられます。パソコンのソフト・ハード面のリース業を行っている会社ならば、リース業の経験がなくとも、専門知識を有している人材ならば中途採用で募集を行っています。

中途採用については、前職、あるいはそれまでの経験をいかに上手く伝えるかが、採用の可否に大きく影響します。個人でもある程度はできますが、自分の経験を十分に発揮するには、やはり客観的に自分を見てくれる人の存在が必要になります。そこで転職エージェントなどを利用するという方法があります。転職に向けて早い段階から相談が可能であり、自分のスキルや適性を今一度見つめなおし、転職を成功させることができます。

リース会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2018 リース会社転職ガイド【※必ず見つかる希望の会社】 All Rights Reserved.