リース会社の職務経歴書

リース会社転職TOP >> リース会社の転職の基礎 >> リース会社の職務経歴書

リース会社の職務経歴書

リース会社に転職を希望している場合、職務経歴書にどのような内容を書けば「これは」と思ってもらえるのでしょうか。もちろん、企業に応じて内容を変えるのは必須です。職務経歴書は履歴書ほど内面などに突っ込むものではありませんが、職歴や前職での経験、スキル、知識をアピールすると言う意味では履歴書よりも効果的です。その企業がどのような人材を求めているのかを知る事が出来れば、自然と職務経歴書での自己アピールも効果的なものが書けるようになるでしょう。

では、リース会社は一体どのような人材を求めているのか。これは営業を希望するか、事務を希望するかで変わってきます。前職で営業を経験しており、リース会社でも営業を希望している場合は、やはり前職での経験を活かしたアピールをすると良いでしょう。特にリース企業では即戦力となれる営業を募集している事が多いので、前職でどのような仕事に携わり、どのように顧客の拡大をはかって事業を成功させたかや、どのような工夫をしてどの程度の数字をあげたかをアピールすると効果的です。営業は当人の向き不向きだけでなく、経験や慣れがものを言う仕事でもあるので、例えアルバイトであっても営業経験があるならどんどんアピールしていきましょう。

事務の場合は、やはりパソコンスキルが必須になります。現代のデスクワークでパソコンを扱わないと言う事はまず無いので、最低限エクセルとワードは使えるようにしておく事をおすすめします。例えばエクセルのマクロ機能まで使いこなす事が出来るなら、その点はしっかりアピールしておきましょう。マクロを利用する事で、一つの作業にかかる時間を大幅にカットして業務の効率化をはかる事が出来るため、エクセルをマスターしている人はどこの企業でも優遇されます。

なお、事務希望でも現場を知るために最初に営業に配属されるケースがあります。そう言う意味では、事務であってもコミュニケーション能力やプレゼン能力が求められる事もあると覚えておきましょう。

なお、近年ではリース会社も外資系や海外の企業に設備をリースする機会が増えている事から、語学が堪能な社員は歓迎されます。中には英語の読み書きが出来る事を採用条件にしている企業も多いので、学生時代に語学を学んでいたり、留学経験がある人はその点もしっかり職務経歴書に書いておきましょう。例え留学経験などがなくとも、個人で受ける事が出来るTOEICのスコアを記載しておくだけでも印象が随分違います。

リース会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2018 リース会社転職ガイド【※必ず見つかる希望の会社】 All Rights Reserved.