リース会社の面接対策

リース会社転職TOP >> リース会社の転職の基礎 >> リース会社の面接対策

リース会社の面接対策

リース会社に転職を希望する場合、どのような事に注意したら面接官に好印象を持ってもらう事が出来るのでしょうか。

まず重要になるのは、当然の事ながら「リース会社」が何をする会社なのかを理解する事です。実際のところ、リース会社が何をする企業なのかを正しく理解している人は案外少ないでしょう。一口にリース会社と言っても、その内容はフィナンシャルリースであったり、オペレーティングリースであったりと様々です。自分が志望している企業がどのようなサービスを提供しているのかを知る事は非常に重要ですし、逆にそれを理解していなければ「何でこの人はウチを志望したんだろう?」と思われてしまうでしょう。本当にその企業に転職したいのであれば、情報収集は徹底的に行いましょう。

面接では前職についてや、その人が持つスキル、働く場合どのような働きが出来るかなどを聞かれます。この時に面接官は履歴書や職務経歴書を見ながら質問をするので、履歴書と職務経歴書作りは書類選考をパスするためだけのものではなく、面接においても非常に重要な役割を果たすものであると言う事を理解しておかなければなりません。例えばネットで知った知識を元に見栄えが良い履歴書を作り上げても、所詮は付け焼き刃の知識ですから、面接で「これはどういう事?」と聞かれてオタオタしてしまう、と言うのはよくある事です。そうならないためにも、履歴書と職務経歴書には面接でどんな質問をされても正しく答える事が出来るものを書きましょう。

面接において非常に重要になるのが志望動機です。なぜリース会社に勤めたいのか、と言われてもなかなかピンとこないかも知れませんが、そう言う時はその企業がどのようなものをリースしているのかに着目しましょう。多くの企業では「これに関しては他社に負けません!」と言える強みを持って営業をしているので、志望動機でもその点について触れる事が出来れば「この人はよく調べているな」と思われるはずです。あまり大きな規模の企業でなければ下調べには苦労しますが、面接官は人事のプロです。聞こえが良い言葉を並べた薄っぺらな志望動機はすぐに見抜かれてしまうので、自分がどれだけ真剣に面接に臨んでいるのかが伝わるよう、入念な下調べを行いましょう。

もちろん、リース業界のどこに魅力を感じたのかについても忘れてはいけません。リース業界で働きたいと言う気持ちと、その中でもなぜこの会社が良かったのかが伝わる自己アピールをしましょう。

リース会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2019 リース会社転職ガイド【※必ず見つかる希望の会社】 All Rights Reserved.