リース会社の適性(向いている人)

リース会社転職TOP >> リース会社の転職の基礎 >> リース会社の適性(向いている人)

リース会社の適性(向いている人)

年々需要を高めているのがリース会社であり、中にはどんどんと規模を拡大している企業もあります。そんなリース会社で働くには、どのような適性が重視されるのでしょうか。

近年重視されるのは、語学力です。リース会社と言うと国内の中小企業に対してパソコンや制服、デスクなどをレンタルしているだけの企業と勘違いしている人も居ますが、実はリース会社のサービスは多岐にわたっています。そしてそのうちの一つが、海外の企業に向けてのリースです。海外、特に発展途上国やアジアをターゲットにリースをしていると言う企業は多く、規模が大きなリース会社になると国外に100を越える拠点・支店を持っていると言う事もあるため、求人の中には海外で働く事が出来る人を募集する事もあります。海外の企業と取り引きをするなら、当然の事ながら英語は必須です。留学経験がある人はそれだけで有利なので、その点をどんどんアピールしていきましょう。定期的にTOEICを受けている人は、職務経歴書や履歴書にスコアを記載しておくとその実力や意欲を買ってもらえます。

次に、コミュニケーション能力です。リース会社で働く場合、多くは営業に配属されます。何せリース先が無ければ業績を上げる事が出来ないため、リース会社において営業の役割は非常に重要です。特にある程度の年齢での中途採用の場合は即戦力になる事を期待されているので、前職で営業をしていた人はそれだけで有利になります。

コミュニケーション能力は、営業を行う上で必須とも言えるスキルです。どんなお客さんともにこやかに接し、上手く人間関係を構築する事が出来る人は営業として非常に優秀です。営業経験があり、コミュニケーション能力に長けている人は、大手のリース会社で働く事も夢ではありません。

最後は、向上心がある人です。リース会社によっては多くの商品をリースしていて、中には専門性が高いものもあります。お客さんに「これはどういうもの?」と聞かれた時にスラスラと説明する事が出来、どんな質問にも答えられるようにするには、日頃から商品について勉強をしておく必要があります。また取り扱う商品は日々増えていくので、新しい商品についての勉強も欠かせません。そのため、リース会社の中でも特に営業職にある場合は、向上心や勤勉さが評価されます。これは面接でアピールしても伝わりにくい点ですが、実際に働き始めた後に評価される事があるので、リース業界で働く上ではやはり重要な適性になります。

リース会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2014-2019 リース会社転職ガイド【※必ず見つかる希望の会社】 All Rights Reserved.