リース会社転職ガイド【※必ず見つかる希望の会社】

リース会社の求人はどこで探せばいい?

新規事業の立ち上げや営業所・支店の拡大など、リース会社の需要は高まっています。リース会社への転職をお考えなら今がチャンスかもしれません。 リクルートエージェントなら、リース会社の非公開求人も多く、業界の動向に精通したコンサルタントから直接アドバイスを受けることも可能です。登録は無料なのでこれから転職をお考えの方にもおすすめですよ!

リース会社の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
リクルートエージェントは人材業界大手であり、いつも6000件以上の求人がある点が特徴です。リース会社の案件も多数あり、関東地方なら主に東京や神奈川に良質な求人が揃っていると言えます。また、愛知県もリース会社を含めた金融業界の求人が多いです。金融業界への転職実績が高いので、リース会社に転職するならばリクルートエージェントを利用してみましょう。


マイナビエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビエージェントは、リース会社の求人に関して非公開のものが多い点が特長です。リース業界の動きを良く把握しているコンサルタントが、直にアドバイスをしてくれるでしょう。無料で登録ができますので、リース会社に転職したい方も気軽に利用できる点もメリットです。また、転職に応募する際の選考基準は職種などによっても変わってくるものです。マイナビエージェントなら、コンサルタントがリース会社への転職に適した応募書類の作成や面接対策を実施してくれます。


type転職エージェント 無料 東京・神奈川・埼玉・千葉
【当サイトがお勧めするポイント】
Typeは東京や神奈川、千葉、埼玉といった地域に限られている点が特徴です。なので、首都圏のリース会社に転職したいという場合にご利用になることができます。非公開求人も多くでていて、大手企業の良質な案件がある点もポイントです。リース会社などの大手金融会社の求人も多いので、大手のリース会社で働きたいと言う方にはうってつけの転職サイトです。さらに、年収を上げることにも力を入れているので、転職によって年収アップが出来る可能性がある点がメリットです。


DODAエージェントサービス 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
DODAでは営業職(リース会社の求人自体が営業職のものが多い)や大手の企業からの求人に関して熱心です。また、待遇の良い案件が少なくない点が、DODAを利用してリース会社の求人を探すメリットと言えます。リース会社などの金融関係の求人も多いですし、高い給与をもらえることのできる求人を探す際には持って来いのサイトです。キャリアコンサルタントが付いてくれますので、転職の試験に合格するために、面接や応募書類について様々なアドバイスもしてくれます。


キャリコネ 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
リース会社への転職を考える際には、キャリコネは大手の転職サイトと併用することで、より使い勝手が良くなると言えます。キャリコネの一番の特徴は、求人元の企業の社風や人間関係などといったナイーブな内部の情報を入手する事が出来る点です。面接時にどういった質問がされたかという点についても情報を得ることができる可能性もあるのです。よって、リース会社に転職をお望みの場合も、リース会社の内状など詳しい情報を得ることができるでしょう。


リース会社の求人の最新情報

リース会社の求人について最新情報を見ていくと、例えば最近の話題ですと、復興支援で需要が高くなっているということがあります。復興支援ではなるべく費用を抑えたいという人が多いために、リースは事業の再建にも最も適している設備投資の方法となっています。また、大手については、近年業務の幅をどんどん広めてきている傾向があるため、大手では安定的な経営状態を保っており、今後もその傾向は続くと言われています。一方で、中小のリース企業も増加傾向にあります。

近年は、例えば企業でも、起業をする場合でも、あるいは新たな事業所を立ち上げる場合を考えても、設備、資金その他のいろいろなものを包括的なサービスで賄おうという人が多くなっています。したがって、顧客に包括的なサービスを提供しているリース会社は、時代に合った業務を行っているとも言えます。基本的な設備や機器のリースをはじめ、金融サービス、不動産リースといったように、いろいろなサービスを一括で提供できるのがリース会社です。特に規模と業務範囲の広い大手はいろいろな面を考慮してもメリットが大きくなっています。求人に対する応募も、大手はやはり高くなってきます。

大手となると、本社勤務を望む人も多いでしょうが、その一方で、ネット技術の発達により、地方で働く機会も多くなっています。大手の地方営業所勤務、あるいは地方のリース企業に勤めるという形もあります。例えば地方でも、大手との提携企業では安定して仕事を得られるので、経営状態も良くなっています。そして、大手ほど選考基準は厳しくないというメリットもあります。狙い目として候補に入れておいてもいいでしょう。リース業界全体についての傾向として、海外へ向けての事業展開があります。リース会社は顧客の設備投資の費用をなるべく軽くしようという目的をもっています。そうなると、例えば途上国の多いアジア市場などでは、その需要も高くなっています。日本の会社のサービスは質が高いということも含めて、人気があり、大手はすでにどんどん海外に進出し、かつ世界規模での営業を行っています。

業界に関する近年の傾向はざっとこのようなものです。ここから自分がどのようなリース会社に入るかを決める必要があります。大手、中小、銀行系、独立系など、その種類によって特徴は様々あります。大きな分類を決定したら、今度は個別の企業にあたっていきます。ここでより詳しい情報を得て、選考の対策を練るには、例えば転職エージェントなどの専門サービスを利用するといいでしょう。

リース会社の採用基準

リース会社の採用基準について見ていくと、まず学歴が気になるところです。大手は学歴が重視される傾向にあります。特に有数の企業となると、はっきりと学歴で分類されることもあります。また、地方では国立大卒の方が有利と言われています。一方首都圏では有名私立大の力が大きいです。ただし、大手であっても院卒、大卒、短大卒というように学歴ごとに採用しており、応募条件に沿っていれば、門前払いということはまずありません。中途採用の方も含めて、むしろ自分の経験や強みを十分に伝えられるかどうかで、採用の可否は決定されます。

では、リース会社で特に問われる能力などはあるでしょうか。これについては、例えば中途採用で、キャリア採用として求人に能力などの記載がある場合、あるいはTOEICの点数が基準として設けられているなどの場合を除けば、特に必須の能力などはありません。強いて言えばコミュニケーション能力が必須です。リース会社の業務は営業が基本であり、研修期間として入社後はまず営業を行うことも多いです。ここでは高いコミュニケーション能力と積極性が必要となります。ですから、例えば前職で営業経験がある方などは、募集側にとってもポイントとなることが多いです。

また、採用基準については、中途採用で経験不問のところもあります。営業職は経験よりも適性が重視されるものであり、実際に働いて、あるいは面接での受け答えなどを見て適性をチェックすることになります。もちろん、他の営業職の経験があれば尚いいです。専門ごとに求人を行っているところもあり、1例を挙げればコンピューター関連の設備・機器のリース営業の求人があります。この場合、前職でコンピューター機器や設備に関わっており、基礎知識があれば、採用に向けてのプラスになります。このような営業職での募集では、学歴不問・経験不問で高待遇のところもあります。

採用基準としてわかりやすいのは、外資系のリース会社でしょう。ここでは英語が必須となり、TOEICのスコアを応募条件に設定しているところも少なくありません。設定はしていなくとも、面接で点数を聞かれ、それがプラスに働くことも十分考えられます。従って、最低限、TOEICは一度受けておき、スコアの提示ができるようにしておいた方がいいです。英語力については、外資系でなくとも大手企業ならば、語学力を将来的に活かせる所は多いです。海外拠点を多数抱えており、派遣や研修で海外に行く機会もあるので、英語力があって損はないです。


Copyright (C) 2014-2019 リース会社転職ガイド【※必ず見つかる希望の会社】 All Rights Reserved.